プロフィール

Biography

  

ソプラノ 藤井玲南 (ふじい れな)

 

 東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。卒業時に同声会賞受賞。東京藝術大学大学院在学中、ドイツのエアフルト歌劇場の総支配人から招待を受け、研修生として所属する。同劇場ではフンパーディンク『ヘンゼルとグレーテル』“砂の精・露の精”役でオペラデビュー、リーダーアーベントを開催。翌年にはライプツィヒ歌劇場にて研修生として研鑽を積む。その後ウィーン国立音楽大学リート・オラトリオ科卒業。

 

 在欧中にモーツァルト『魔笛』“夜の女王”(スロヴァキア国立コシツェ歌劇場)、ロッシーニ『セヴィリアの理髪師』“ロジーナ”(グダンスク・バルティック歌劇場、ウォムジャ音楽祭)、ヴェルディ『リゴレット』“ジルダ”(ウォムジャ音楽祭)を演じる。コンサートでは室内オーケストラ カペッラ・イストロポリターナ、ポーランド国立放送交響楽団などと共演。

 

 Mikulaš Schneider-Trnavský国際声楽コンクール第1位。Antonín Dvořák国際声楽コンクールオペラ部門第1位、歌曲部門第3位。Ada Sari国際声楽コンクール第3位、特別賞三部門受賞。Hans Gabor Belvedere国際声楽コンクールOlga Warla-Kolo賞受賞。第23回友愛ドイツ歌曲コンクール第1位ならびにR.シュトラウス賞受賞をはじめ、第18回日仏声楽コンクール第1位、第83回日本音楽コンクール第2位および岩谷賞(聴衆賞)受賞、第7回静岡国際オペラコンクール入選。

 

 札幌のパシフィック・ミュージック・フェスティバルにて、バーンスタイン・メモリアルフェスタコンサートに出演。小澤征爾音楽塾に『カルメン』ミカエラのカヴァーキャストとして参加。セイジ・オザワ松本フェスティバルでは『子どもと魔法』羊飼いの娘/ふくろう、『ジャンニ・スキッキ』ラウレッタを演じる。

 

 2017年韓国の大邱にて開かれた「韓・中・日オペラガラコンサート」に出演し好評を博す。2019年1月東京芸術劇場にて、全国共同制作プロジェクト『ドン・ジョヴァンニ』(井上道義指揮、森山開次演出)にツェルリーナ役として出演。同年11月大阪府堺市にオープンしたフェニーチェSACAYにて、佐渡裕指揮のもと三大テノールのホセ・カレーラスと共演。

 歌曲の演奏にも力を注いでおり、ドイツ、フランス歌曲の演奏に定評がある。

 

 これまでに桜井真知子、直野資、故森晶彦、Eva Blahová、Regina Werner-Dietrich、Walter Moore、Susan Manoff、Isabel Garcisanz各氏に師事。

 

二期会会員。 国立音楽大学非常勤講師。

  

© 2015 RFMS Music

  • w-facebook
  • Twitter Clean
  • w-youtube
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now